プロテインを飲んで筋トレを頑張る

“私が使用しているプロテインはビーレジェンドです。国産のため安全性も高く、溶けやすさ、泡立ちの少なさといった点が魅力的です。

価格も他のプロテインと比べても、最も安いナチュラル味は2600円ですし、各フレーバーも3100円となっています(いずれも公式サイトで購入した場合)。

フレーバーも10種類以上あるため、味に飽きれば別のフレーバーを購入すればいいので、他のプロテインよりも長く続けることができます。

どのフレーバーもたいへんおいしいので、これも長く続けられる理由になります。

オススメのフレーバーは個人的には[すっきリンゴ風味]です。牛乳に溶かしても良いですが、水に溶かしただけでも上品なアップルティーのように感じられます。

ビーレジェンドを飲んで筋トレ頑張りましょう!

菌活にもあわせて取り組むことで、外側からも内側からもしっかりと体をケアすることが出来ると思いますよ。

リバウンドでダイエットに失敗してから細マッチョを目指したあの時

人間ドックで今まで何回も体重が重すぎることを指摘されてうんざりしていたので、昨年は、人間ドック受診の日を目標にし、その3ヶ月前からダイエットに励みました。

甘い物や脂質が多そうなものは極力取らないようにし、通勤の際にウォーキングを行うことで体重を減らすことにしました。

結果は3ヶ月で約8キロの減量に成功し、人間ドックでは医師に「頑張りましたね」とほめてもらえました。ある程度結果を出したことや医師にほめられたことで大分気が緩んだのだと思います。

人間ドックからの帰り道にパン屋に寄り、今日はご褒美だからと大量の菓子パンを購入、帰宅後に一気に食べてしまいました。菓子パンがここまでおいしいものだとは思えないくらいに感動しました。

翌日になると、食事制限はもう少し経ってから再開しようと思い、ポテトチップスやアイスクリームなどをたらふく頬張る、揚げ物を食べるなど、ダイエット中に食べたいと思っていた食事を目一杯食べてしまいました。

そんな生活が1週間も続くと、もうダイエットしようという気は湧きません。あ

れよあれよという間に3ヶ月後には痩せた8キロが元に戻ってしまいました。やはりダイエットに一日だけのご褒美というのはあり得ないのだということを今では痛感しています。

筋トレと正しい食事を習慣にして、長期的に細マッチョを目指したいと誓った日でした。

ライザップの芸能人はリバウンドが心配だと思う

毎日のように芸能人が出ているライザップのCMを見ます。しかし本当にあそこまで痩せているのか疑問です。

合成に見えて仕方ありません。何故かと言うと、確かに食事制限、トレーニングは続けているのかもしれませんがたるんだ皮膚があそこまで引き締まるのかが疑わしいです。

脂肪吸引とかしてるとしか思えません。

実際にすごく太っている人が痩せる番組を見ましたが全員たるんだ皮膚の跡が残っています。

手術して余計な皮膚をとったとしても跡が残るはずです。

そんな中、トレーニングしただけではあそこもで引き締めることは不可能だと思います。

しかも、トレーニングにはプロテインなど使い筋肉をつけていると思うのですが、トレーニングをやめてからが更に酷くなるのではと思います。

急激な肉体改造には必ず弊害があると思います。

細マッチョのモテる体を目指すなら、まずは日々の習慣を変えること。

そしてじっくりと長期的に肉体改造を進めることが大切だと思うこの頃です。

細マッチョになるための食事で抑えるべき2つのポイント

細マッチョになるための食事で心がけたい2つのポイントを解説します。

1.たんぱく質の摂取量を増やす

筋肉を増やすためにはかかせないたんぱく質。いくら脂肪を減らすことが出来たとしても、筋肉まで減ってしまっては意味がありません。

一時的にやせることが出来たとしても、筋肉の減少は代謝の減少につながります。代謝が落ちてしまうと日常生活で消費されるカロリーが小さくなってしまうので、太りやすくなってしまう可能性が高いのです。

せっかくやせることが出来ても、リバウンドしてしまっては本末転倒。たんぱく質の摂取量を減らさないように、肉や魚、プロテインを積極的にとりいれてください。

2.糖質の摂取を控える

カロリー制限や脂質の制限よりも、糖質の摂取量を減らすことを意識しましょう。糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたもの。

体内の糖質が不足するとエネルギー源として体内の脂質が使われやすくなるので、糖質の摂取を抑えることで効率よく脂肪を燃焼させられるでしょう。

ごはんやパンなどの主食には多くの糖質が含まれています。完全に摂取を抑えることは難しいと思うので、まずは夜の糖質摂取を減らすことがおすすめ。

出来ることから一つ一つを積み重ねて、細マッチョのモテる体を作り上げましょう。